ブログ詳細 blog

「歯が綺麗」は美人の絶対条件!白く輝く歯にするには?

SNSに載せられている写真を見ていると、美人な人に共通する特徴として歯が綺麗だということに気づくでしょう。歯が汚くても美人と思える人はほとんどいないかもしれません。ここでは、歯が綺麗だとなぜ美人に見られるのか、歯を綺麗にする方法とあわせて解説していきます。

 


 

この記事は約5分で読み終わります。

 

歯が綺麗な人が美人である理由とは?

 

綺麗な歯は芸能人の命ともいわれており、歯の綺麗さは容姿の印象を左右する大きな要素となります。では、歯が綺麗だとなぜ美人に見えるのか、その理由について見ていきましょう。

 

白い歯は好印象が持たれる

心理学的に見ても、歯が綺麗な人が他人に与える影響は好意的なものが多いです。具体的には、「若々しい」、「清潔感がある」、「知性があふれている」などの印象を与えます。

 

逆に歯が汚いと、不潔な印象につながってしまいがちです。実際には清潔を心がけている人でも、嫌悪感を抱かれてしまい、損をすることもあるでしょう。

 

特に初対面の人は、内面のことがよく分からないため、印象で人を判断せざるを得ません。歯の印象は目元の印象に次いで第一印象に影響を与えるため、重要度が高いです。

 

歯もみだしなみのひとつ

女性が身だしなみを整える際には、服装や髪型を整えて、メイクをするでしょう。身だしなみを整えることで、美人に見える女性も多いです。

 

気に入った服を着こなせるように体型を気にする女性もいるでしょう。標準体型でも、体型を気にするあまり、ダイエットに励む女性も珍しくありません。多くの女性が見た目に気を遣っています。

 

そして、美人といわれる女性は、歯も身だしなみのひとつと考えていることが多いです。服の乱れを整えたり、髪をケアしたりすることと同じく、歯の手入れにも毎日気を遣っています。

 

笑顔が綺麗

美人に見えるかどうかは、目や鼻、口、顔の輪郭など、さまざまな要素が関係してきます。ぱっちりとした目が美人に見える人もいれば、鼻筋が通っている女性が美人だと思える人もいるでしょう。

 

逆にぱっちりとしすぎた目の女性や、欧米人のように鼻筋が通っている女性が苦手に感じる人もいるかもしれません。そのため、美人かどうかはあらゆる要素によって決まるものです。

 

しかし、歯に関してはほとんどの人が白く綺麗な歯を好むでしょう。笑顔になったときには歯を出すため、歯が綺麗な人は笑顔が素敵に見えることが多いです。目や鼻などは個人の好みに左右されても、歯だけは白く綺麗なのが美人の要素といえます。

 

同じ人でも、歯が黄ばんでいる状態で見せる笑顔と、白く綺麗な歯で見せる笑顔では、印象がだいぶ違うでしょう。歯が綺麗な方が魅力的な笑顔に見えます。

 

白い歯は誰でも作れる!綺麗な歯の作り方

 

歯があまり綺麗でないために、美人にはなれないというのは思い込みです。綺麗な白い歯は誰でも作ることができます。つまり、誰でも美人になれる可能性があるということです。では、綺麗な歯を作る方法について見ていきましょう。

 

歯列矯正をする

歯並びがあまり良くない人は、歯列矯正をしてみましょう。歯列矯正で、歯並びをまっすぐに整えて綺麗にすることができます。

 

歯列矯正には、ブラケット装置を使用する方法とマウスピースを使用する方法があります。

 

ブラケット装置は金属製の歯列矯正器具で、装着したまま過ごさなければなりません。期間も2~3年程度と長期にわたり、見た目も目立ってしまうのが難点です。最近では審美性を考慮して、プラスチック製やセラミック製のブラケットや、「舌側矯正治療」という歯の裏側にブラッケを装着する矯正もあります。検討する場合にはかかる歯科医へ相談してみると良いでしょう。

 

一方、マウスピースは自由に取り外しが可能です。薄く透明であるため、装着していてもあまり目立ちません。食事や歯磨きのときは外しても問題ありませんが、基本的に1日20時間程度は装着しておく必要があります。また装着時間や交換時期など、ルールをしっかり守らないとなかなか効果が得られない可能性もあるので、その点は注意が必要です。

 

また、歯列矯正にかかる費用は高額で、いずれの方法でも100万円前後はかかるでしょう。

 

ホワイトニング

ホワイトニングはその名の通り、歯を白くする施術です。黄ばみなどの汚れを除去することで、歯本来の白さを取り戻します。
最近ではホワイトニングの種類が多く、自宅でも自宅外でも行えて選択肢が豊富です。

 

具体的には、「セルフホワイトニング」「ホームホワイトニング」「オフィスホワイトニング」の3つに大別されます。

 

セルフホワイトニングは、自宅やサロンで行う方法です。サロンの場合には一般の人にでも扱えるホワイトニング用の道具が揃っているだけで、自ら施術を行う仕組みです。サロンの従業員は医療従事者ではないため、施術を行うことはできませんが、費用を抑えて受けられるのがメリットです。

 

ホームホワイトニングは、歯医者でマウスピースを作り、薬液を使ってホワイトニングする方法です。忙しくて通院が難しい人にとっては便利ですが、基本的に自分で管理しなければなりません。忘れてしまったり、規定の装着時間よりも短かったりすると、十分な効果が得られないでしょう。

 

歯医者で行うホワイトニングはオフィスホワイトニングと呼ばれており、歯科医師が施術を行うものです。歯科医師にしか扱えない薬剤を使用するため、比較的短い期間で歯を白くできます。しかし、歯にダメージがある方にとっては傷みを及ぼすこともあります。薬剤の強さは歯科医院によって異なるため、事前に確認しておくと良いでしょう。「歯をはっきりと白くさせたい!」という方におすすめの方法です。

 

まとめ

白く綺麗な歯は人に好印象を与え、美人の条件として歯が綺麗であることは欠かせません。顔立ちが整っていて、きちんとおしゃれをしている女性でも、歯が綺麗でないといまいちに見られてしまうことがあります。
美人を目指すなら、歯も身だしなみのひとつとして捉え、綺麗に保つための努力が必要です。もし、歯が黄ばんでしまっているなら、ホワイトニングで綺麗にしておきましょう。