歯を白くするマニキュア!その効果や持続性とは?

Kirattブログタイトル 歯を白くするマニキュア!その効果や持続性とは?
  • 歯のマニキュアって何?
  • 塗ると歯が白くなるの?
  • 安全なもの?
  • どれくらい効果が続くの?
  • 塗ったらそのままで大丈夫?

こういった疑問にお答えします。

最近では歯に対する意識も高まりつつあり、歯のマニキュアの認知も広がってきています。

オンラインショップでもいろんな種類の歯のマニキュアが出回っていますし、SNSの広告などでも見かける機会が増えたのではないでしょうか。

歯のマニキュアには即効性があり、塗った瞬間から歯を白くすることができます。

ですが実際のところ、色もちや効果、体への健康被害はないのかなどいろいろと気になることはありますよね。

今回はそんな歯のマニキュアに対しての疑問を解説していきます。

ぜひ最後までご覧くださいませ!

記事は5分で読み終わります。

歯のマニキュアとは

歯の模型に色を塗っている画像

歯のマニキュアは、歯の表面に塗ることで歯を白く見せることができる塗料のことです。

自分の歯を削ることなく白くすることができるため、歯にかかる負担はほとんどありません。

また、爪に塗るマニキュアとは使われている素材が違い、体の中に取りこんでも問題がない樹脂などの安全な素材でできています。

市販のものを使って自分で塗ることもできますし、歯医者さんで塗ってもらうこともできます。

歯のマニキュアの効果

歯のマニキュアは爪に塗るマニキュアと同じように、歯をコーティングすることで白く見せることができるため、塗った瞬間から白くなります。

市販のものだと安く手に入り自分のタイミングで使うことができますが、デメリットもあります。

自分でやる際のデメリット

歯の表面は日ごろの飲食や歯みがきなどの生活習慣によって少なからず削られており、目に見えない傷などによって凸凹しているからです。

凸凹していると色ムラが出やすく、均一でキレイな仕上がりにするのは難しいです。

カラーバリエーションも少ないため、塗った時にもともとの自分の歯の色とかけ離れてしまっていたり、思ったよりも白くなりすぎて逆に不自然になってしまったなどということもあります。

色もちに関しても、その日のうちに剥がれてしまったということも少なくないため、塗り直しが何度も必要になる場合があります。

歯医者さんでやってもらう場合

歯医者さんで行う歯のマニキュはホワイトコートとも呼ばれ、歯の上に歯科専用の白いプラスチックを塗り、それを硬化させることで歯を白くします。

市販のものを使うよりも効果は長持ちし、長いと1〜3ヶ月ほど持ちますが、こちらも日々の飲食や生活習慣などによって剥がれてしまうため、定期的にリペアすることで白さを保つことができます。

カラーバリエーションも豊富なため自分が理想とする白さにすることができ、色ムラも抑えてツヤっと美しく仕上げることができます

見た目の違和感も少なく仕上げたい方は歯医者さんでやってもらう方が自分の理想通りに仕上がりやすいです。

歯のマニキュアがおすすめの人

シェードガイドを持って歯の色を測っている女性の画像

大切なイベントまでに歯を白くしたいけどホワイトニングをする時間がないという人におすすめです。

もちろん、歯を白くする方法で一番確実で安全な方法は歯のホワイトニングになります。

しかしホワイトニングの場合だと、1回の利用だけでは今までについた沈着汚れは全部落ちきらないため、個人差はありますが2〜5回ほど回数を繰り返すことで統一感のある美しい仕上がりになります。

自分の歯そのものを漂白して白くすることができるため、塗料が剥がれる心配などがないメリットはあるのですが、ホワイトニングに通う時間がないという方は歯のマニキュアを試してみてもいいでしょう。

また、差し歯や銀歯などの人工的に作られた歯を白くしたいという方にも歯のマニキュアはおすすめです。

ホワイトニングだと人工的に作られた歯には効果がないため、セラミックや銀歯などの歯を白くすることはできません。

そのため、一時的にそういった歯の色を変えたい方に対しても歯のマニキュアは効果的なものになります。

先ほどもお話ししましたが、歯医者さんの方がカラーバリエーションも豊富で美しく仕上がりやすいため、歯医者さんに相談してみるのがおすすめです。

歯のマニキュアの注意点

即効性があり、人工的な歯も白くすることができる歯のマニキュアですが、使用後にはしっかりと塗料を落とすことが重要です。

とくに自分で使用した場合、キレイに取り除かないとそこに汚れが溜まって逆にはが黄ばんで見える原因になったり、虫歯や歯周病などの病気にもつながってしまいます。

使用した後は必ずしっかりと落とし切りましょう!

歯を白くする方法

歯と歯科治療関係の道具が集まった画像

歯のマニキュア以外でも歯を白くする方法はあります。

ホワイトニング以外のものをご紹介していきますね。

ホワイトニング歯磨き粉

一番手が出しやすく、試したことがあるという方も少なくないのではないでしょうか。

スーパーやドラッグストアなどでも売られていることが多いですよね。

しかし実際、ホワイトニング歯磨き粉を使用してことで歯の色が劇的に白くなった!という方はほとんどいません

というのも、日本で売られているホワイトニング歯磨き粉には、歯そのものを白くする漂白成分が含まれていないからです。

詳しくはこちらの【歯が白くなるは嘘?】ホワイトニング歯みがき粉の正体の記事で説明しているので、この記事では簡単にお伝えさせていただきますね。

日本では法律によって歯の漂白効果のある成分の取り扱いが歯科医師以外は禁止されています。

そのため、歯そのものを白くする成分はホワイトニング歯磨き粉の中には含まれていないということになります。

その代わりに、ステインやタバコのヤニなど歯の表面に付着した汚れをキレイに落としやすくする成分がたくさん含まれています。

表面の汚れを落とすだけでもツヤっと美しい歯になりますし、人によっては汚れが落ちたことで歯が白くなったと感じられる場合もあります。

個人差があるものにはなりますが、身近なところから手を出してみるのもいいでしょう。

ただ、歯を白くしたいからといってゴシゴシと力を入れた歯磨きは逆に歯を傷つけてしまうので、力を入れすぎたブラッシングは要注意です。

歯医者さんのクリーニング

歯医者さんのクリーニングも、ホワイトニング歯磨き粉と同じように歯の表面の汚れのみを落とすお掃除のホワイトニングになります。

漂白成分が含まれていないことが多いため、黄ばみの取れた真っ白い歯を目指すことは難しいですが、若干黄色味がかった自然な白さを目指すことはできます

さらにステインやタバコのヤニはもちろん、普段の歯みがきでは落としきれていない歯と歯の間の汚れもキレイに除去することができるため、オーラルケアもしっかりできます。

虫歯や歯周病、口臭などの予防に歯のクリーニングは大変効果的なので、何もなくても日頃から定期的に利用することはおすすめです。

まとめ

歯のマニキュアは日々のケアとして使用するよりは、一時的な応急処置として単発的に歯を白くしたい場合におすすめの方法です。

どうしても時間がなくて早く白くしたいという場合には自分でやるのもアリですが、できれば歯医者さんで一度相談した方が後々後悔しないかと思います。

何にしても、大切なイベントを最高の笑顔で迎えられるよう準備時間には余裕をもって進めるようにしていきましょう!