ブログ詳細 blog

歯の色を綺麗にして好印象に!自宅でも簡単に手入れする方法!

口もとは第一印象を決めるうえで重要な箇所です。そのため歯の手入れに力を入れるべきか悩む方も多いのではないでしょうか。 ここでは、歯の色はどのような印象を与えるのか、歯を白くするための方法を解説していきます。

 


 

この記事は約5分で読み終わります。

歯の色が与える印象とはどんなもの?

まずは、歯の色が人に与える印象について紹介していきます。

 

黄ばんだ歯は印象が悪くなる

歯に黄ばみが目立つと「汚い」という印象を与えてしまいます。老けて見られたり、ネガティブな印象を与えてしまったりすることがあります。特に初対面の人に対しては、内面がよく分かっていないぶん、歯の色が与える印象は大きいでしょう。

 

微笑んだときに黄ばんだ色の歯が見えると、歯を磨いていないのではないかと疑われてしまうこともあるかもしれません。歯の色が汚くなっていると、毎日きちんと歯を磨いている人でも、どうしても不潔な印象を与えてしまう可能性があります。

 

きれいな白い歯は好印象を与える

きれいな色の歯はポジティブな印象を与えることが多いです。特に初対面でお互いのことをよく分かっていないようなときには、歯の色がきれいだというだけで、無意識に好意的な印象を与えることができるのではないでしょうか。

 

白い歯は清潔な印象を受けるため、笑顔も素敵に見えます。目と歯が同じくらいの白さだと、より好印象です。誠実そうだと思われることや、実年齢よりも若く見られることも多くなります。

 

また、歯のきれいさが与える影響は、印象だけではありません。自分に自信が持てるなど、自己肯定感の向上につながっている人は多いです。

 

なぜ歯は汚くなってしまう?

与える印象について紹介してきましたが、そもそもなぜ歯は汚れてしまうのでしょうか。主に次のようなことが原因で歯の色が黄ばんでしまいます。

 

飲食物による影響

歯は飲食物の影響を強く受けています。飲食物に含まれる成分のうち、歯の色が黄ばむ原因になるのはポリフェノールやタンニン、カテキンなどです。これらの成分が唾液と混ざることでステインという着色汚れに変化し、歯の黄ばみを促してしまいます。

 

ポリフェノールが多く含まれる飲食物は、主にチョコレートやカレー、コーヒー、赤ワインなど色の濃いものが多いです。タンニンやカテキンはお茶に多く含まれているので、日常の中で知らずしらずのうちに、着色してしまっている可能性があります。

 

タバコ

タバコも歯の黄ばみの原因です。唾液には「ぺリクル」という成分が含まれており、飲食物による歯への刺激を守ってくれています。

 

この「ぺリクル」という成分はタバコに含まれる「タール」と結びついてしまう特性があります。タバコを吸うと口内に煙が入り、煙の中にある「タール」と歯の表面に付着している「ぺリクル」が結びつき、黄ばみを発生させてしまいます。

 

また、タバコによる汚れはステインよりも粘着力が高く、歯に付着してしまうとなかなか落ちません。

 

少量の汚れであれば、こまめに歯磨きすることで洗い流すことができますが、習慣的に喫煙していると汚れを落とすのは難しいでしょう。

 

加齢

子供の頃や若い頃は歯が白くきれいだった人でも、30代や40代になってから歯の色が気になってくることもあるでしょう。タバコは吸わず、食生活も若い頃から特に変化していない人でも、歯の色が少しずつ黄色くなってくることがよくあります。

 

そのような場合には、加齢による影響が大きいです。若い頃は新陳代謝が盛んであるため、歯の黄ばみがなかなか進みません。しかし、年齢を重ねると新陳代謝が衰えてしまうため、歯が黄ばみやすくなってしまいます。

 

また、加齢により歯の表面のエナメル質が薄くなることも、歯の色が黄ばむ原因のひとつです。エナメル質よりも中の方にある象牙質が透けて見えることで、歯の黄ばみが目立ってしまうのです。

 

新陳代謝の衰えもエナメル質が薄くなることも、年齢を重ねれば重ねるほど進行していきます。そのため、加齢により徐々に歯の色が黄色くなっていくのです。

 

歯の色をきれいにする方法

歯の色をきれいにする方法はさまざまですが、なかでもホワイニングをするのが有名です。ホワイトニングと一口でいっても、種類は多岐にわたります。選び方は費用や口コミを確認して選びことをおすすめします。

 

また、ホワイトニングは、歯医者で行う方法と、自宅で行う方法があります。

 

このうち歯医者で行うホワイトニングは、短期間で白くなるのが特徴です。歯科医師が施術するため、安心感もあるため人気があります。

 

ただし、健康保険が適用されないこともあり、費用が高くなってしまうことが難点です。また、ホワイトニングは一度では終わらず、定期的に通院しなければなりません。

 

一方で、自宅でホワイトニングをする方法は、一度歯医者に行く必要がありますが、その後は通院が必要ありません。歯医者でマウスピースを作り、それを日常的に使用してホワイトングケアを行うからです。

 

そのほかにも、市販の歯磨き粉を使用して自宅でホワイトニングをすることもできます。

 

歯の表面を汚れから守ってくれる成分が配合している歯磨き粉を選びましょう。主に「ポリリン酸ナトリウム」「ヒドロキシアパタイト」が含まれている市販の歯磨き粉がおすすめです。それらの成分は歯の表面をコーティングしてくれて、汚れや着色から歯を守ってくれます。

 

普段使用している歯磨き粉にそれらの成分が配合されているか確認してみてください。もしも、配合されていない場合は、歯磨き粉を換えてみるのを検討しましょう。

 

ただ、注意すべき点があります。それは、市販で売られているホワイトニング用の歯磨き粉の中には、研磨剤を配合している商品があります。研磨剤は、歯のエナメル質を傷つける要因となるので注意が必要です。

 

まとめ

歯の色が人に与える印象は大きいです。黄ばんでいる歯だとネガティブな印象を与えてしまう可能性があります。白くきれいな歯は、相手にポジティブな印象を与え、自分でも自信を持つことができるでしょう。

 

また、飲食物や加齢などにより、どうしても歯は黄色っぽくなってしまいますが、ホワイトニングで本来の歯の色に近づけることは可能です。歯の色が汚くて悩んでいる人は、ぜひホワイトニングで白く輝く歯を手に入れましょう。