ブログ詳細 blog

コーヒーを飲むと歯が黄ばむ?着色の原因と対策を知ろう!

歯の黄ばみで悩んでいる人は多くいます。コーヒーが好きな人の中には、コーヒーが黄ばみの原因なのでは?と考える人もいるようです。 この記事では、歯の黄ばみとコーヒーに関連はあるのか、歯が黄ばむのはなぜなのかを解説します。対策方法も紹介しますので、歯の黄ばみでお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

 


この記事は約6分で読み終わります。

 

歯の黄ばむ原因とは?

歯の色は、人に与える印象を左右します。そのため、真っ白な歯だと笑顔に自信がもてますが、歯に黄ばみがあると歯を出して笑うのを躊躇してしまうこともあるでしょう。

 

しかし、歯の黄ばみはどうして起きるのでしょうか?その原因について解説します。

 

黄ばみの原因は「ステイン」

ステインとは、食べ物に含まれているポリフェノールの色素と、歯の表面を覆っているペリクルというたんぱく質の膜が結合した汚れのことです。ステインが歯に付着すると、歯の黄ばみの原因となります。

 

コーヒーを飲むと、ステインは付着しやすい

 

コーヒーを飲むと、歯が黄ばみやすくなりますが、それはコーヒーの色がそのまま歯に付着しているのではありません。

 

着色汚れには、歯を覆っているペクリルという薄い膜が関係しています。ペクリルには、歯のエナメル質を保護したり、歯の再石灰化を促したりする働きがあります。一方で、細菌や食べかす、食品の色素などを付着させてしまう側面があります。

 

コーヒーを飲むと、ペクリルにステインが付着しやすくなるため、黄ばみなどの着色汚れが定着しやすくなります。

 

着色しやすい飲み物・食べ物

 

歯の着色汚れの原因となるのは、コーヒーだけではありません。着色しやすい飲み物や食べ物には以下のようなものがあります。

 

・紅茶、緑茶
・赤ワイン
・緑黄色野菜
・カレー
・チョコレート など

 

これらの飲み物や食べ物のほとんどはタンニンやポリフェノールなどが含まれており、歯にステインが付着しやすくなります。また、カレーは色が濃い食べ物なので、歯の黄ばみにつながりやすいです。

 

その他の黄ばみの原因

飲み物や食べ物以外にも歯の黄ばみの原因となるものがあります。

 

・タバコ

タバコのヤニが歯に付着すると、歯の黄ばみの原因になります。また、ヤニによる着色汚れは、一度付着すると落ちにくいのが特徴です。

 

・ケアしにくい口内環境

歯並びが悪いと歯磨きできちんと汚れを落としにくいため、着色汚れがつきやすくなります。また、歯石が溜まっていたり、歯の表面に細かい傷があったりすると、それも黄ばみなどがつきやすくなる原因となります。

 

・ドライマウス

唾液には、歯の表面を洗い流す作用があります。そのため、唾液の分泌が減るなどの理由で口の中が乾いていると、汚れが歯に付着しやすくなます。

 

歯の黄ばみを落とす方法

ついた歯の黄ばみを通常の歯磨きで落とすのは難しいものです。では、どのように落とせるのか具体的な方法を紹介します。

 

歯医者でホワイトニングをする

歯の黄ばみを白くする方法といえば、歯医者でのホワイトニングです。薬剤や専用の機器を使っての施術なので、即効性が高く効果も実感しやすいのがメリットです。

 

とはいえ、審美目的のための施術なので、健康保険が適用されません。費用は1回10,000円以内で済むものもあれば、70,000円ほどかかるコースもあるなど、料金相場の幅に大きな開きがあることも覚えておきましょう。

 

自宅でセルフホワイトニングする

市販の歯磨き粉や歯の消しゴムなどを使用して、自宅でセルフホワイトニングを行うこともできます。

 

ホワイトニング用の歯磨き粉や液剤を使ったマウスウォッシュ、歯の消しゴム、歯のマニキュアなど、いろんなセルフホワイトニングのアイテムがあるので使ってみましょう。

 

歯の黄ばみを落とすためには、「ヒドロキシアパタイト」「ポリリン酸Na」「メタリン酸Na」などの成分が配合されたものがおすすめです。研磨剤が入ったものは、歯の表面に細かな傷をたくさんつけてしまうことがあるため避けましょう。

 

サロンでセルフホワイトニングをする

サロンでセルフホワイトニングをすることもできます。1回の来院でホワイトニング(光照射)を3~5回繰り返すことが多いです。

 

1回当たりの費用は3,000円~5,000円と歯医者でのホワイトニングよりはお手頃といえるでしょう。サロンを使ったセルフホワイトニングなので、歯の状態と相談しながらホワイトニングを進めることができるのが特徴です。

 

光照射を行うので、早く効果を出したいという方にもおすすめできます。

 

歯の黄ばみを防ぐ方法

歯の黄ばみは、日頃のちょっとした心がけで防ぐことができます。歯の黄ばみの再付着を防ぐためにも、以下のことを実践してみてください。

 

優しく正しい歯磨きをする

食後の歯磨きを習慣にしましょう。歯に黄ばみなどの汚れが付着するのを防ぐことができます。

 

歯を磨くときの注意点は、力を入れないことです。汚れを落とそうとしてゴシゴシと磨くと、歯の表面を傷つけてしまうことがあります。歯の表面に細かな傷がつくと、そこに汚れが入り込んで着色しやすくなるので注意しましょう。

 

色の濃い食べ物や飲み物を極力控える

先で述べた色の濃い食べ物や飲み物は、歯の着色汚れの原因となるので、できれば控えましょう。コーヒーや紅茶・緑茶などを1日に何杯も飲むのが習慣になっている人は、飲む量を控えるのがおすすめです。

 

食後のうがいを心がける!

外出先などで食後すぐに歯を磨けないこともあるかもしれません。そんなときは、食後にうがいをするように心がけましょう。

 

よく噛んで、唾液の分泌を促す!

唾液の分泌を促すと、着色汚れの予防につながります。食事のときによく噛むと唾液が分泌されやすくなるので、よく噛むのを意識してみてください。

 

定期的に歯のクリーニングを受ける

歯医者で歯のクリーニングを受けると、いつもの歯磨きで落とせない汚れを落としてもらうことができます。歯をケアしながら色素汚れや歯垢や歯石も取り除いてもらえるので、定期的に歯のクリーニングを受けるのもおすすめです。

 

まとめ

歯の黄ばみの原因は、食べ物や飲み物のほか、タバコ、ケアしにくい口内環境、ドライマウスなどが挙げられます。コーヒーが好きでよく飲む人は、それが原因のひとつとなっているのかもしれません。

 

歯の黄ばみ対策としてはホワイトニングが有効です。歯科でのホワイトニングに加え、自宅でのセルフホワイトニング、サロンでのセルフホワイトニングなど選択肢があるので、無理のないものを試してみましょう。

 

また、歯の黄ばみを防ぐような生活習慣を心がけることも意識してみてください。